タッチパネルの代わりにスマホで指定 withコロナ時代の安価なデジタルサイネージ

タッチパネルは便利なのですが、コロナのために、多くの人が触るということを避けたいという要望に応えるのが、スマホでコンテンツ指定ができる、ソフトウェア「IP_Switch」です。



タッチパネルは便利なのですが、高価です。安価で便利で簡単なデジタルサイネージシステムをスマホ利用でできます。
タッチパネルがなくても代わりに使えて便利なデジタルサイネージ

タッチパネルの代わりに自分のスマホでコンテンツ(見たい情報)を指定できます。

高価なタッチパネルを使わないで、スマホでコンテンツを指定できます。コンテンツはメニューから選ぶだけです。
タッチパネルの代わりにスマホでコンテンツ指定

デジタルサイネージの表示ソフトウェア「IP_Switch」は配信ソフトウェア不要で運用が簡単、便利。


タッチパネルは直感的な利用ができて便利ですか、コストが結構かかります(初期費用、メンテナンス)。その点、IP_Switchは安価な市販の液晶TVも利用できます。


・コンテンツ選択をスマホで行うという方式です。

 スマホでアクセスするためのQRコード発行機能が搭載されています。

・コンテンツの更新はデジタルサイネージ(現地)でなくても遠隔からできます。

・静止画、動画も表示できます。

・横型、縦型表示にも対応しています。

・更新のネットワークはインターネットまたは有線LANでも可能です。(USBでもできます)


・タッチパネル方式のシステム構築には、殆どが開発用専用ソフトウェアが必要です。利用するにはソフトウェアの操作の習得、システム構築期間も数週間から1月はかかりますが、IP_Switchならほぼ1,2時間~でできます。(弊社調べ)


運用が面倒なデジタルサイネージでは大変。IP_Switchはフォルダーにコンテンツをいれるだけ
IP_Switchはコンテンツをフォルダーにドラッグアンドドロップ(コピーペースト)するだけ

QRコードはデジタルサイネージの画面上に表示しておけば便利です。予めペーパーに印刷して近くに貼って置くという方法もあります。(環境、ご利用方法によって....)

簡単便利なデジタルサイネージで応用範囲が沢山
応用範囲がいろいろありそうです。

事例

観光案内、商業施設案内、美術館・博物館、駅・空港案内、商品説明、ショッピングセター受付、テーマパーク案内、モール内施設案内、テナントビル案内など


コンテンツ更新が楽でないと、コンテンツが新鮮でないと、どこからでも更新できないと、...というご要望に対応してます。


ファイル共有はWindowsの基本機能(標準機能)です。これを利用します。より便利にしたのがクラウドストレージです。ドロップboxが2008年からサービスを開始しました。WindowsがOneDriveをWindows10に標準搭載したことで一気に利用が拡大しました。


IP_STUDIO はこのファイルシステムをとりいてれて、デジタルサイネージとしての機能を拡張しています。(デジタルサイネージ初の情報共有システム実現)

クラウドストレージ対応のIP_Switchでどこからでも、いつでも更新が簡単にできます。
クラウドストレージ対応のIP_Switchなので便利

先進のクラウドストレージ(OneDriveなど)対応のために、どこからでもいつでも簡単にコンテンツ更新ができます。


「IP_Switch」の特長など


IP_Switchのメリット


1.配信ソフトウェア不要...フォルダーにドラッグアンドドロップ(またはコピペ):簡単

 なので配信の専任者がいりません。....STB側にIP_Switch(プレーヤソフト)はいります。

2.スマホからも10キーからも見たいところを指定できます。(タッチパネル感覚)

  スマホでQRコード利用時はインターネット環境が必須となります。

3.スマホからアクセス(コンテンツ指定用)のQRコード生成機能がついています。

4.PDF表示対応(Acrobatをインストールするなどは不要)

5.縦型横型対応、液晶TV可能(解像度の指定が細かくできます。)

6.ほぼすべてのクラウドストレージ対応(お問い合わせください)

7.タッチパネルのように一定時時間使わないと特定のコンテツ(フォルダー)

 へ戻る機能搭載

8.インターネットなしの環境でも使えます。

  LAN対応(LAN内のNAS、PCサーバーを利用できます)。またはUSB

9.サーバー有り、無し対応

 (ネットワーク上のサーバーまたはSTBを自体をサーバーにできます。共有化します)

10.運用はほぼマニュアルを読まなくても、クラウドストレージをマスターすればすぐご利用できます。

11.全国に多数の実績。15年の実績(IP_STUDIOプレーヤー)、お近くのディーラを紹介します。

12.情報漏洩対応。プレーヤー終了時キャッシュ消去機能。オプションで盗難時の自動データ消去機能

13.拡張性:IP_STUDIO Ⅳ(スケジューラーを追加して、スケジューリングなど高度な機能を利用できます)



IP_Switchのデメリット


1.スケジュール配信ができません。

 →スケジュール配信をするには、IP_STUDIOスケジュラー(ソフト)の追加が必要です。

  →複数フォルダーができるので、予めフォルダーに転送しておいてリアルタイムに

   そのフォルダーに変更するだけですので、通常のご利用ですと問題ないかと

2.1画面に複数のコンテンツをレイアウトする機能はありません。

3.表示記録(1日にこのコンテンツは何回表示したか)の機能がありません。


スケジュール配信をするには、IP_STUDIO Ⅳを用意しています。




本ページの内容はユーチューブでも紹介しています。




タッチパネルとスマホ利用デジタルサイネージの 比較をユーチューブで解説しています。





IP_Switchの無料トライアル版をご用意しています。メールにてお問合わせください。

ご購入前にチェックできます。無料トライアルソフトウェアを用意しています。
無料トライアルソフトウェアを用意しています。



STBにインストール済のIP_Switch特価で販売中。キャンペーン中でお得です。

STBにインストール済のIP_Switch特価で販売中
STBにインストール済のIP_Switchを特価で販売中

こちらからご参照ください。「STB+IP_Switch 特価キャンペーン中



お気軽にお問い合わせ下さい。

new@itnews.co.jp