IP_STUDIOの最近の人気の機能​紹介

情報共有とデジタルサイネージ....って何だろう?

デジタルサイネージは広告、宣伝が主流でした。

ここ数年では、社内の情報共有にデジタルサイネージを利用する例が

​増えています。

ワンフロア―でのネットワーク、ビル内でのネットワーク、あるいは全国規模でのネットワークなど様々なネットワーク環境があります。

IP_STUDIOはシンプルなフォルダー共有でいろんな情報共有の見える化を実現します。

​PDFをそのまま、ページ指定で表示できます。

いろんなアプリケーションでいろんなファイル形式が使われていますが、何といってもPDFはデフェスタンダード。IP_STUDIOは変換不要ですぐにデジタルサイネージで配信できます。PDFからPNG,JPEGに変換する手間がいりません。

​どんな環境でも対応...フォルダがあればあとはIP_STUDIOで。

社内ネットワーク(構内ネットワーク)でも、全国規模のネットワークで可能です。フォルダーがあればそこが配信サーバー(コンテンツとスケジュールをいれておくだけ)になります。

​便利なQRコード生成機能

QRコードはほぼ殆どのスマホでつかえるようになりました。デジタルサイネージで伝えきれないことはスマホでゆっくり​​

​続きを見てもらいましょう。

​カウントダウンとカウントアップ

アプリケーションが必要ありません。IP_STUDIOだけでカウント、カウントアップが表示できます。

期待が高まるオリンピックやイベント等にろんな使い方がありそうです。

​遠隔からコマンドを発行できます

いつでもシャットダウン、リセットができます。
音量の設定も遠隔からできます。

 

スケジュールでの設定はもちろんですが、緊急な対応も可能です。

​オペレータには重宝する機能です。

​秒単位のスケジュールができます

プロフェッショナルなデジタルサイネージ配信サービスでは秒単位の設定が必須です。

IP_STUDIO は簡単に設定ができます。

 

コンテンツの並び替え、差し替えがスムーズに簡単にできます。