デジタルサイネージシステムの紹介。
「IP_STUDIO Ⅳ」新発売。

受付番号表示、緊急地震速報などの18年のデジタルサイネージ事業のノウハウを反映させて開発。連携ツールなど提供中。

DigitalSignage-network-generetionNEW.jpg

フォルダー共有というシンプルなコンセプトで先行したdropboxは世界の5億のユーザーをまたたく間に獲得しました。

 

マイクロソフトのOneDrive、グーグルのGoogleDrive、ビジネス志向のbox、国産のNextCloudなどいろんなクラウドストレージサービズが次々と発売されています。

IP_STUDIO は日本初のクラウドストレージ対応デジタルサイネージです。

フォルダーが見えさえすれば、情報共有されたコンテンツがリアルタイムに配信できます。

圧倒的なスピードで働き方改革を応援します。

個人情報保護法に役立つ受付呼出し番号表示システム
ソフトウェアだけで緊急地震速報を可能にしました。安価なシステムです。
オープンガバメント時代の議員登退庁システム 品川区役所にて実績あり
バス内へのデジタルサイネージ設置でビジネスモデルが展開できます 神奈川中央交通バスで100台3年の実績あり
結婚式場の演出に最高の映像表示システム 幻想的でファンタジックな世界を演出します
デジタルサイネージ用に世界遺産の画像を用意しました。富士山動画もあります。

メリット(1) 初期 費用が少ない

 

自社でサーバやシステムを全て用意するとなるとそれ相応のイニシャルコスト(初期費用)がかかります。しかし、クラウドモデルでは、その割合が圧倒的に小さくなります。

メリット(2) 無駄のない課金

クラウドストレージサービスは月単位での料金設定となっています、他のサービスに比べて料金が安く明確な料金体系で無駄のない料金設定となっています。

メリット(3) 保守・管理コストの低減

自社で全てのシステムを構築または所有した場合、その保守・運用・管理に専門的知識をもった方が必要になる場合もあります。しかし、クラウドストレージであれば更新や管理作業などが殆ど必要あません。

メリット(4) どこでもデータにアクセス可能

クラウドストレージはどこでからでもアクセスが可能になります。

【OEM版とは:OEM提供とはロゴやブランド名を提供先の名称化し、自社ブランドとしての運用が可能となるイージーオーダー版です。】