これが進化したハイブリッドサイネージ

デジタルサイネージとスマホに同じコンテンツを配信

デジタルサイネージとスマホに同じコンテンツを配信できます。一つのQRコードですべてのページが閲覧できます。

スマホにも配信する場合、閲覧制限を設定できます。

スマホでの閲覧には地域(領域)、パスワード、閲覧時間を設定できます。

スマホでもデジタルサイネージのすべてのコンテンツが閲覧できます。

スマホで見るコンテンツのファイルの制限はありません。デジタルサイネージと同じコンテンツが閲覧できます。

スマホでゆっくり、詳しくといっても[ デジタルサイネージはたった15秒QRコードを撮す時間もない ]にお応えしました。

15秒間隔で変わるサイネージのコンテンツ、QRこーどからといっても早すぎて撮せませんにお応えしました。アイティ・ニュースのハイブリッドサイネージ

※ハイブリッドサイネージ(IP_STUDIO HybridSignage)とは
 

本ページのハイブリッドはデジタルサイネージとスマートホンの同時配信のIP_StudioⅣを紹介しております。


おもな機能、特徴

1.デジタルサイネージとスマホに同じコネテンツを配信できます。

2.デジタルサイネージは時刻通り(スケジュール)に表示されます。スマホはメニュが表示されますので、時間にとらわれることなくコンテンツを見ることができます。

3.スマホからコンテンツをみるにはQRコードからが便利です。このQRコードはIP_Studioで生成できます。

4.一つのQRコードですべてのコンテンツがみれます。

5.スマホの閲覧には制限が付けられます

 1.パスワード(閲覧レベルを設定できます。複数のパスワード設定が可能)

 2.場所(地域、領域)..デジタルサイネージから100mとかです。設定用に地図表示機能内蔵。

 3.閲覧時間の設定もできます。

【動画で利用者向け説明】クラウドストレージ、ハイブリッド配信機能装備の先進ソフトウェア 

​詳しくはお問い合わせください。

​独自のサイネージが構築できます。コラボレーションコンセプト。

IP_Studioの柔軟な機能で既存のアプリケーションとの共存が可能です。

デジタルサイネージと他のアプリケーションの組み合わせで高度なシステム構築が可能になります。
配信ソフトウェア「IP_STUDIOⅣ」は画面レイアウトの自由度が高く、静止画、動画、テロップを自在にレイアウトできます。

情報配信システムとデジタルサイネージが融合したハイブリットデジタルサイネージ

​1画面でのデジタルサイネージは勿論、

各種のアプリケーションと同時に表示

できます。表示位置も設定できます。

これがマルチ画面でのアプリケーションとのコラボレーションの例です。

進化したハイブリッドデジタルサイネージ アプリケーションアプリケーションとの組み合わせシステム構築

​デジタルサイネージ + お客様独自のアプリケーション

​画面指定の自由度とアプリケーションとの組み合わせが簡単にできるため、いろんな要望にお応えできます。

アプリケーションはPC常駐型でもWEBアプリケーションでも可能です。PC(STB)の遠隔監視も対応してますので、安心して運用ができます。

ハイブリッドの実例にひとつアイティ・ニュースの番号表示(IP_CallNum)

​デジタルサイネージ + 呼び出し番号表示

呼出し番号表示とデジタルサイネージを組み合わせれば、お客様の待ち時間を退屈な時間から解放します。

​アイティ・ニュースの番号表示システム(IP_CallNum)はオンラインでもオフラインで可能です。

これがマルチ画面でのアプリケーションとのコラボレーションの例(呼出し番号表示)です。

IP_Switchはスマホ、テンキーでサイネージに映すコンテンツを指定できる機能です。

IP_SwitchはSTBにインストールします。WGBT値センサー取り込みソフトウェアもSTBです。(youTube紹介)