top of page

​DXをデジタルサイネージで支援

​デジタルサイネージで情報共有を支援

DigitalSignage-DX-01-1.PNG

​デジタルサイネージでDXをバックアップ

デジタルサイネージ関連サービス

企業がDXをすすめていく上で、企業内の情報の共有化がポイント

 

アイティ・ニュースではデジタルサイネージを利用した、DXの構築の提案をしています。

DigitalSignage-DX-01-1-2.PNG

企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めていく上で、企業内の情報共有化は非常に重要なポイントです。
デジタルサイネージを利用した情報共有化によって、従業員間のコミュニケーションを向上させ、業務効率の向上、意思決定の迅速化、そして組織の柔軟性を高めることができます。

ここでは、デジタルサイネージを利用したDXの構築のための5つの提案を紹介します。

1.リアルタイム情報の共有

従業員がリアルタイムで業務に関連する情報を共有できるように、デジタルサイネージをオフィスの中心的な場所に設置します。例えば、在庫状況、生産スケジュール、目標達成状況など、業務遂行に必要な情報をリアルタイムで表示し、従業員が常に最新の情報を把握できるようにします。

 

 

2.業務手順や安全情報の可視化

 

 新しい業務手順や安全に関する情報をデジタルサイネージを通じて共有します。これにより、従業員のトレーニングコストを削減し、作業の効率化と安全性の向上を図ります。特に、定期的な更新が必要な情報については、紙ベースのマニュアルよりも効果的に情報を更新・共有できます。

 

 

3.社内コミュニケーションの強化

 

 社内イベントや従業員の成果をデジタルサイネージで紹介することで、社内コミュニケーションを活性化させます。従業員のモチベーション向上にもつながり、組織全体の一体感を醸成します。

 

 

4.データドリブンな意思決定の支援

 ビジネスに関連する重要なデータや例えばKPI(重要業績評価指標)をデジタルサイネージで表示し、従業員がデータに基づいた意思決定を行えるようにします。この透明性の高い情報共有は、より迅速で効果的な意思決定プロセスを促進します。

 

 

 

5.企業文化と価値観の共有

 

企業のミッション、ビジョン、価値観をデジタルサイネージを通じて定期的に共有し、従業員の理解と共感を深めます。また、従業員が達成した成果や、社内でのポジティブな活動を紹介することで、モチベーションの向上と組織の一体感を促進します。

 

 

 

 

これらの提案を通じて、企業はデジタルサイネージを活用した情報共有を強化し、組織内のコミュニケーションと協働を促進することができます。
DXを進める過程で、これらの戦略は従業員間の情報の透明性を高め、より効率的で生産性の高いワークプレイスを実現するための重要な要素となりえます。

​既存のITツールと組み合わせて生産性をアップ

デジタルサイネージでシンプルなDXを実現

デジタルサイネージを活用したいが導入コストが課題というときにアイティ・ニュースのwin-winモデルが活用できます。

広告ビジネスモデル
bottom of page