​デジタルサイネージでこんなことができないの?にお応えします。

 弊社はデジタルサイネージの18年以上の経験があります。配信ソフトウェアをはじめ各ソフトウェアは全て自社で開発しております。
 情報を伝えるという基本的な役割をデジタルサイネージとして実現しています。番号表示、緊急地震速報、バスサイネージなど様々なシステム、サービス、ソリューションに果敢に取り組んでおります。

​ お客様ファースト視点で、様々なご要望にできるだけお応えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

​  アイティ・ニュースでは18年のデジタルサイネージのシステム構築、広告配信の実績とノウハウに基づき様々なパッケージ、システム開発を行っております。カスタムも行っておりますので、お気軽にご相談、お問い合わせ下さい。

アイピィコールナム(呼び出し番号表示)について

■個人情報保護法の改正によって、1人でも個人情報を保有している場合は、個人情報保護法に則して、個人を特定(個人名を呼ぶなど)を控えなければなりません。 本改正では5000人以上の顧客名簿を有しているという条件は無くなりました。
 

日本商工会議所によると、100万社超が対象になると発表されました


■アイティ・ニュースでは、21世紀にふさわしいビジネスモデルの創造を一緒にできるパートナーを募集しております。誰かが勝って誰かが負けるのではなく、誰もが勝利者となれるWin-Win(共同収益、共存共栄)パートナーシップを築いていきたく考えております。

 

■貴社の技術やノウハウあるいは得意分野とアイティ・ニュースのノウハウを活かした相乗効果が期待できるビジネスモデルの構築をご一緒にしていきましょう。

■提携分野は多彩です。番号表示システム、デジタルサイネージ、バスサイネージ、議員登退庁システム、弊社特許取得済の携帯(電話スマホ)との携帯連携やコンテンツ配信サービスも展開しております。

個人情報保護法はマイナンバー制度の施行でビジネスチャンス