​クラウドストレージ【OneDrive】利用のデジタルサイネージ

クラウドストレージを利用した緊急情報配信表示システムが簡単に構築できます。

オンラインストレージのポテンシャルを最大限に活用したDS緊急情報配信表示システム、ドラッグアンドドロップで平時にも緊急時にも簡単オペレーションで対応できます。

特長

1.配信管理者はドラッグアンドドロップで素早く情報を配信できます。

2.配信管理者が許可した担当者もどこからでも素早くドラッグアンドドロップで配信できます。

3.何を表示するかは配信管理者または現地の担当かユーザーが選択できます。

4.選択は10キー、スマホ、PCでできます。

​5.インターネットという災害にもタフなネットワークと多様なデバイスを選択できることで、様々な緊急事態発生時の情報配信をスピーディーに安価に構築できるシステムです。

6.既設サイネージソフトウェア、既設アプリケーションにAddOn(追加)でも稼働できます。

7.サイネージ(STB,PC)の死活管理モニターソフトウェアでアベイラビリティ(可用性)チェックが

​ できます。

DS緊急情報配信表示システム全体構成

ソフトウェアは表示用PCまたはSTBにインストール。配信PCには複雑なソフトウェアはインストールしません。端末の死活管理用ソフトウェアのみです。クラウドストレージの機能を最大限に利用したスピーディーでタフなシステムです。配信者担当者からも現場・現地の担当者からもコンテンツを選択できる日本初のシステムです。

緊急時の情報配信はスピーディーに操作も簡単にを考慮して開発しました。また、現地で実際にいま必要な情報を選択できるという仕組みもあります。選択はスマホとブルートゥ-ス対応の10キーでも出来ます。誰でも簡単に操作できるようなデバイスがほしというという現場からの発想です。

緊急時に操作が複雑で遅れてた(いざというときに役に立たない)では緊急情報配信システムとはいえません。また肝心のSTB(PCなど)が生きてなければなりません。STB(PC)を常時監視している死活管理ソフトウェア(モニター)も標準装備しております。情報配信はスピーディーに操作も簡単にを考慮して開発しました。

ネットワーク上のいろんなデバイス(PC、タブレット、スマホ)から情報をドラッグアンドドロップするだけで配信できます。デジタルサイネージの目の前では必要な情報をマルチデバイス(PC、タブレット、スマホ)でセレクトできます。

今動いているアプリケーションにも割り込み表示ができます。各社のデジタルサイネージソフトウェアにADDON(追加)できます。...すべてのアプリケーション上での割り込みを保証するものではありません。予め動作確認をお願いします。

クラウドストレージの機能をフル活用

マルチクラウド対応。リアルタイム配信用のクラウドストレージを指定できます。環境に合わせてご利用ください。

簡単オペレーション!ドラッグアンドドロップだけで誰でも簡単コンテンツ更新!

   配信PCにもスマホにもソフトウェアをインストールしません。ご利用のクラウドストレージソフトだけで配信

【配信はクラウドストレージオリジナルのブラウザかエクスプローラだけで!】

DS緊急情報配信表示システムで被害を最小限に抑えることに貢献します。

ご利用のクラウドストレージ(onedrive)のホルダーにドラッグアンドドロップするだけの簡単操作です。