iPhoneでサイネージ 最強の無料クラウドサービス[iCloudを使って簡単に]


Appleのクラウドストレージサービス【iCloud】を利用して簡単便利なデジタルサイネージについての説明です。

【iCloud】はiPhoneユーザであれば殆どの方が無意識に利用している無料のクラウドストレージサービスです。IP_Switchはデジタルサイネージ用のメディアプレイヤーです。


主な内容

1.iPhoneユーザなら【iCloud】を使わないのはもったいない。

2.フォルダーのコンテンツを入れ替えるだけでるだけで、デジタルサイネージのコンテンツが更新できます。

3.スマホ、パソコンから更新出来ます。



【iCloud】を使わないのはもったいない。無料の最強クラウドストレージを利用してデジタルサイネージ。

何気なくスマホで撮った写真はiCloudに転送されています。インターネットを利用してAppleのサーバーに送らせています。いつでも、どこからでもこの写真を共有できます。AppleユーザはAppleのデバイス(スマホ、iPad、Mac)で自由に写真を見たり、追加ができます。IP_Switchもこの仕組みを利用して、デジタルサイネージに表示したいデータだけ表示します。


お使いのiPhoneなどのデバイスからコンテンツを更新できます。

フォルダーのコンテンツを入れ替えるだけでるだけで、デジタルサイネージのコンテンツが更新できます。

IP_Switchはコンテンツが削除あるいは追加されると、そのフォルダー内のコンテンツをアルファベット順に表示開始します。

お使いのiPhone、iPad、Mac、Windows PCからも更新できます

スマホからもパソコンのエクスプローラー(Windows)からもドラッグアンドドロップ(またはコピー&ペースト)で更新できます。

デジタルサイネージで表示されるフォルダーはSTBで予め設定します。設定できるフォルダーは10個です。フォルダには1個でもあるいは数個(個数に制限はありません)。フォルダーをわかりやすい名称にしておけば運用が楽です。いろんなデバイスで使う場合は単純なDATAなどとしておくと便利です。iCloudの制限によってデバイスによってはフォルダー名が表示されない場合があります。特殊記号なども避けてください。IP_Switchはデバイスからコンテンツが削除あるいは追加されると、そのフォルダー内のコンテンツをアルファベット順に表示開始します。


フォルダーにコンテンツを放り込んでおくだけで、あとはどのフォルダーのコンテンツを表示するかを指定すれば、自動的にコンテンツが表示されます。

どのフォルダーのコンテンツを表示するかを指定できます

IP_Switchは10ーでコンテンツの入っているフォルダーを指定できます。有線でも無線でもできます。この10キーを指定する方法はスマホででもできます。フォルダーの指定は便利なソフトウェアが沢山ありますが、unified Remoteが便利で簡単です。


○icloudは無料で10台まで利用できます。そのうち5台はスマホ用になっていますので、1台は配信用のPCに使うとすれば、4台STBに使えます。大きなメリットですね。


IP_SwitchはSTBにインストール済です.iphone、ipadで利用できます。
システム構成

システムはインターネット接続が前提となります。


クラウドストレージ対応IP_Switchとは


フォルダにドラッグ&ドロップまたはカット&ペーストだけで簡単更新ができるメディアプレーヤー(ソフトウェア)です。
コンテンツ更新のための特別なアプリケーションはいりません。エクスプロラー、WEB,スマホが利用できます。
デジタルサイネージの閲覧ユーザーにとっても運用担当者にとっても簡単便利な機能でいままでにないシンプルさ!

このソフトウェアはSTB(デジタルサイネージを動かす小型PC)にインストールします。Windows10、Windows11用です。

アイティ・ニュースからソフトウェア単体でも、STBのセットでも販売しております


IP_Switchのメリットとデメリット


配信アプリケーション不要のメディアプレーヤーソフトIP_Switchのメリット一覧
IP_Switchのメリット(特長一覧)

○IP_Switchのメリットは


1.配信ソフトウェア不要...フォルダーにドラッグアンドドロップ(またはコピペ)で更新可能

 AP不要です。簡単なので配信の専任者がいりません。....STB側にIP_Switch(プレーヤソフト)はいります。

2.スマホからも10キーからも見たいところを指定できます。(リモコン感覚)

 リモコンのようにつかえます。スマホでQRコード利用時はインターネット環境が必須となります。

3.スマホからアクセス(コンテンツ指定用)のQRコード生成機能がついています。   

4.PDF表示対応(Acrobatをインストールするなどは不要)

5.縦型横型対応、液晶TV可能(解像度の指定が細かくできます。)

6.ほぼすべてのクラウドストレージ対応(お問い合わせください)

7.タッチパネルのように一定時時間使わないと特定のコンテツ(フォルダー)へ戻る機能搭載

 自動リターン機能搭載

8.インターネットなしの環境でも使えます。 LAN対応(LAN内のNAS、PCサーバーを利用できます)。

9.サーバー有り、またはSTBをサーバーにできますので無しで対応可能です。

 (ネットワーク上のサーバーまたはSTBを自体をサーバーにできます。共有化します)

10.運用はほぼマニュアルを読まなくても、クラウドストレージをマスターすればすぐご利用できます。

  難解なマニュアルを読まなくても簡単です。

11.フォルダーにドラッグアンドドロップであとはIP_Switchが自動で入れ替えて表示します。

12.コラボレーション(共有)はクラウドストレージの機能をそのまま使います。一部強化してます。

13. 更新スピードがリアルタイム。(同期システムによります)

14.情報漏洩対応。プレーヤー終了時キャッシュ消去機能。オプションで盗難時の自動データ消去機能

15.全国に多数の実績。15年の実績(IP_STUDIOプレーヤー)、お近くのディーラを紹介します。

16.無料のクラウドストレージが利用できますので、コストを抑えれます。


IP_Switchのデメリットは


1.スケジュール配信ができません。

 →スケジュール配信をするには、IP_STUDIOスケジュラー(ソフト)の追加が必要です。

  →複数フォルダーができるので、予めフォルダーに転送しておいてリアルタイムに

   そのフォルダーに変更するだけですので、通常のご利用ですと問題ないかと

2.1画面に複数のコンテンツをレイアウトする機能はありません。

3.表示記録(1日にこのコンテンツは何回表示したか)の機能がありません


iCloud以外のクラウドストレージ利用はこちらをご参照ください。

https://www.next-itnews.com/cloudstorage


GoogleDrive利用はこちらをご参照ください。

https://www.next-itnews.com/post/gmail-googledrive


設定、インストール支援サービスも承っております。

デジタルサイネージのシステム設置ではソフトウェア以外にもSTB,ルーター、回線、表示パネルなどの準備がありますが、意外と骨が折れることばかりです。製品のサイクルが早い、納期がかかり過ぎる、メーカーのによっては保守が不安等々。アイティニュースは20年のノウハウがありますので、何なりとお問い合わせください。

カスタム、システム組み込みなど、デジタルサイネージのことなら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

お見積もりは無料です。


デジタルサイネージのソフトウェアは沢山あります。選ぶのが大変です。この記事を読んでいただいて少しでもお役に立てば幸いです。アイティニュースでは多数のカスタム、パッケージ販売、運用支援、システム構築の実績がありますので、お気軽にお問合せ下さい。


YouTubeでも紹介しています。