呼び出し番号表示+広告のwin-winビジネスモデル、デジタルサイネージのシステム構築支援





小売・流通市場で店頭でデジタルサイネージを利用して呼び出し番号表示のニーズはあるもののなかなかすすんでいません。大きなハードルがありした。


小売・流通市場で店頭でデジタルサイネージを利用して呼び出し番号表示と最新のメニュー表示をしたいというニーズは年々増しています。一方、システムが高価なことと運用が面倒なことからなかなか進んでいません。本ページはこのようなニーズにお応えできる新ビジネスモデルの構築について解説しています。


番号表示システムとメニュー表示を店頭で行いたいがコストと運用面で課題が多い



1.番号表示システムは高い、投資効果が見えない

 病院、薬局などでは使われている、呼び出し番号表示システムですが、投資高価が見えな 

 い、そもそもシステムの価格が高くて手が出しにくいというところが殆どです。

 理由は表示パネルが高価でした。ところが液晶TVの急速な普及に伴い価格が大幅に安価  

 になりました。 


2.運用が面倒だ

 従来の番号表示は専用機などを使わないとできないなど、操作性はあまりよくありません

 でした。アイティ・ニュースではタブレットなども使えますので、操作性は簡単です。

 番号を入力するだけです。タブレットも10キーでもできます。


3.複数店舗でも効率よく運用できるか

 店舗数が多い場合は、ネットワークで対応します。また、店舗毎に違うコンテンツを表示

 することもできます。


4.広告で賄えるのか

 本論です。広告で賄うといった大胆なビジネスモデルなのですが。設置店舗の特性に依存 

 します。お店の形態をお聞きして、お打ち合わせご相談させていただきます。

 立地条件その他の諸条件が揃っていれば、100%広告収入で可能です。そうでない場合は

 一部店舗様のご負担となる場合もあります、お気軽にお問い合わせ下さい。



低価格で抑えるシステム方法と広告でコストを賄う新ビジネスモデル


1. システム構築を低価格に抑える方法

  どのような方法でコストを抑えるのか、ということですが、まず、従来はハ-ドウェア

  のコストが高かったのでこれを押さえます。具体的には専用の液晶パネル、専用の配信

  装置から、汎用機(一般の市販機器)を選定、利用します。

  ソフトウェアはアイティ・ニュースではパッケージソリューションというシステム構築

  の手法をとらせて頂いております。アイティ・ニュースの開発済のソフトウェアを組み

  合わせて最適なシステムをご提案致します。

  デジタルサイネージ(一般的な配信やマルチパネル表示構築)も番号表示もシステム構  

  築のノウハウがあります。(カスタム対応が必要になるところは開発します)



win-winビジネスモデル、呼び出し番号表示と広告で新ビジネスモデル
呼び出し番号表示 + 広告

2. 成功事例が出始めています。

  デジタルサイネージでメニューや新商品をPRしても効果がでなければ、意味がありあ

  ません。成功事例があります。某コンビニです。30%アップとニュースにもでまし  

  た。(大手のコンビニですし、何の商品なのか、商店の立地はなどなど...があります  

  が)


3. システム構築の経験が無くてもできます。

  デジタルサイネージを始めて導入する、番号表示を始めて導入するというのは簡単にで

  きるのか?

  1.番号表示は1日でできます。(ほぼ、できます)

  2.デジタルサイネージは何を表示するか(コンテンツの準備)、だれがそのコンテン

  ツを更新(書き換える、配信するのか)などを予め決めてないと、導入時にドタバタし

  ます。お店の規模、商品内容など環境によって構築していけばいいです。


4.広告ビジネスは専門のパートナーが行います。

  さて、コストが見えてきたが、それに充てがう広告をどうやって集めるか、ここが最大

  のポイントとなります。アイティ・ニュースでは広告専門会社がパートナーにおります

  ので対応させていただきます。



事業主体は基本的にロケーションオーナー様です。プロジェクトの主体としてすすめていただくことがキーになります。


関係者が多くなって、途中でなかなか進まないプロジェクト。そのようなケースはまずはプロジェクトのリーダー(仮)が主体的に関係者を動かすことが必要になります。


ロケーショオーナは設備・施設、不動産、ビルなどのオーナーあるいは利用の権利・権限を有している方かそのような決定を下せる方、責任者に当たる方などです。


広告ビジネスモデルも複数の関係者により成り立ちますので、アイティ・ニュースでは関係者間のコミュニケーションを円滑に進めれるように心がけています。広告収益がプロジェクトの原資となるため、関係者の意思疎通が大事と考えています。



デジタルサイネージビジネスを広告モデルで win-winモデル
番号表示+広告 パートナー

一方、広告を出すクライアント様にとって、このデジタルサイネージが魅力的なものでないと、当然のことながら出稿しません。デジタルサイネージを価値あるメディアとして広告代理店と連携して組み立てていきます。


大型ビジョンでの実績があります。カスタム対応ができます。


1. デジタルサイネージの配信は20年の実績

2. 広告専門会社がパート-です。

  デジタルサイネージの特性を熟知した経験豊富な広告代理店がご相談させて頂きます。

3. デジタルサイネージも番号表示ソフトウェアも100%もアイティ・ニュースで開発

 しておりますので、お客様のご要望に対応致します。


お問い合わせ

アイティ・ニュース株式会社

new@itnews.co.jp

TEL 047-381-5035